2016年12月16日

Qtで作成するAndroidサービス

この記事は、Qt Advent Calendar 2016 16日目用として作成した記事です。


■はじめに
この記事では、Qt5.7からサポートされた、Androidサービスの実装方法について、拙作の音楽プレーヤーの実例を交えて解説していきたいと思います。
XMDX_Qt2.png

Androidサービスは5.7で導入されたばかりで、まだ資料、ドキュメントがほとんどありません。
現時点で参考になるものといえば、KDABのブログ(https://www.kdab.com/qt-android-episode-7/https://www.kdab.com/qt-android-create-android-service-using-qt/)や、それに付随するサンプル(https://github.com/KDAB/android)を頼りにするしかありません。
また、サービスを実装するに当たりほぼ必須となるQtRemoteObjectsというコンポーネントがあるのですが、こちらはまだPlayGroundの段階でメインラインにマージされておらず、またサンプルコード以上のドキュメントも皆無に近いという状態です。

また、この辺に関する日本語の情報もほとんどないという現状はあるのですが、この記事では日本語の情報を提供することより、より実戦的なノウハウ、ハマりどころにフォーカスを当てて書こうと思います。

この領域は現時点で世の中にほとんどお手本がなく、「これが正解だ」と胸を張れる自信はないのですが、おつきあいください。

続きを読む
ラベル:QT QML android X68000 MDX
posted by eighttails at 00:00| Comment(0) | XMDX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。