2018年06月17日

雑誌掲載作品レビュー(24)「CRUSH LIMIT」

今回のお題はPCマガジン1986年12月号掲載の「CRUSH LIMIT」です。
このシリーズでは初めてPCマガジン掲載作品を取り上げます。

ゲーム内容は固定画面のアクションゲームです。
自軍基地に迫ってくる敵戦車に乗り込み、敵戦車を内部から破壊することで基地を防衛するのが目的です。
CRUSHLIMIT01.png

続きを読む
ラベル:PC-6001 PCマガジン
posted by eighttails at 22:54| Comment(0) | 雑誌掲載作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

Program List OCR 1.1.0リリース

Program List OCR 1.1.0のリリースです。
内容はベースとなるTesseractとgImageReaderプログラム本体の更新とOCRの学習済みモデルデータの更新です。

OCRを学習させるための画像を作る際、滲んで文字が太ったケース、かすれて文字が痩せたケース両方のパターンを生成して学習させるのですが、実際のプログラムリストはかすれたケースのほうが圧倒的に多いということで、かすれた文字にフォーカスを移して学習させています。
また、前回のリリースではPiO掲載のBASICリストで3を8と誤認識するケースが頻発したため、PiOのプログラムリストの印字に類似したフォントを作成して学習させています。
全体として認識精度は向上したと思いますが、ユースケースによって逆に精度が悪化するなどのトレードオフがあるかもしれません。
その場合は前のバージョンに戻して使い続けるけるのも1つの方法です。

また今回から64ビット版を提供しています。こちらのほうが処理が高速です。多分。
ダウンロードはこちらからお願いします。

【更新履歴】
1.1.0 2018/06/07
  • Tesseract,gImageReaderを更新

  • 学習データ生成方法の見直し

    • にじんだ文字よりかすれた文字を優先して学習するよう画像を生成。

    • 実際のプログラムリストの印刷状態に近づくよう、行間を密着させた画像を生成。

    • DotMatrixフォントを学習から除外(文字が薄くなりすぎて学習エラーになるため)

    • PiOのプログラムリストの印字に類似したフォントを作成して学習

posted by eighttails at 14:25| Comment(0) | Program List OCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

雑誌掲載作品レビュー(23)「ステレオ版ダライアス」

今回のお題は「PC-6001・6601プログラム大全集」掲載の「ステレオ版ダライアス」です。

本作品はゲームではなく音楽演奏プログラムです。
ベーマガの本誌では投稿ゲームコーナーの後ろに「ザ・ゲームミュージック・プログラム・コーナー」があり、アーケードゲームのBGMを耳コピしてPCで演奏するプログラムが掲載されていました。
P6は初代機からPSGを搭載しており、またSRはFM音源も搭載していたことから投稿数が多く、86年から87年にかけてミュージックコーナーの常連でした。
本作品もそちらに向けての投稿と思われますが、リスト数が多く紙面の制約上、また再生環境がマニアックなため本誌に載せられず別冊行きになったと思われます。

DARIUS1.JPG


続きを読む
posted by eighttails at 21:58| Comment(0) | 雑誌掲載作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする