2019年01月16日

N6XBasicChecker 1.7.0リリース

N6XBasicCheckerのバージョン1.7.0リリースです。
前回ユーザーの方からの要望で変数一覧出力機能を追加しましが、自分で使ってみると意外と便利で、出力を改善することにしました。
変数の代入と参照は構文解析機の中では区別されているのですが、変数一覧出力の際は出力を簡素にするため統合して出力するようにしていました。
自分で使ってみて、やはり代入と出力は別々になっていたほうがデバッグがしやすいということに気づきました。

ダウンロードはこちらからお願いします。

【更新履歴】
ver. 1.7.0 2019/1/16
機能追加
・変数一覧出力機能で変数の代入、参照している行を別々に出力するようにした。
posted by eighttails at 20:06| Comment(0) | N6XBasicChecker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする