2012年03月09日

PC6001VXβ2

少し間が開いてしまいましたが、PC6001VX 1.0β2をリリースします。

今回は細かいバグ修正です。
・CRCが合わないROMを使用している場合、警告を出した上でCRCチェックを無効にできるようにした。
・ボリュームの設定が全てマスターに反映されてしまうのを修正。
・スキャンライン輝度が常に1として保存されてしまうのを修正。

ソースはこちらからどうぞ。
PC6001VX_1.0b2_src.tar.gz

Windows版のバイナリはこちらです。
PC6001VX_1.0b2.zip

今後ですが、SDL+Qtの組み合わせは、ウィンドウシステム依存の問題が色々と出ることがわかってきたので、SDLを切り離す方向での設計変更を考えています。
というか、SDLって、日本語表示が面倒だったり、Windows環境では日本語キーボードの入力に問題があったり、スレッドのパフォーマンスがひどかったりで、日本語Windowsには何かと優しくないので、国産物では使わないほうが無難かもしれないですね。

posted by eighttails at 23:38| Comment(0) | PC6001VX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: