2012年11月30日

PC6001VX1.0正式版リリース!

全世界の5人くらいの皆様、お待たせしました。
しばらく放置していたPC6001VXのメンテナンスを再開しました。
一通り常用出来る状態になったかなと思うので、区切りをつける意味でβを取ってバージョン1.0正式版としたいと思います。

また、本家PC6001Vに無いフィーチャーとして、新色にじみ方式(通称JOT方式とかJ方式とか)を実装しました!
これでモード4のゲームが遊びやすくなったと思います。
現状本家に対する唯一のアドバンテージです(汗。が、近いうちに本家にも取り込まれるでしょう。
Olion1.pngOlion2.pngQuest1.pngQuest2.pngbeluga1.pngbeluga2.png

あとはUNIX系で、不可視フォルダの下に設定やROMを配置しなければならないのがわかりにくい、という指摘を多数頂いたので、そのへんを多少改善したつもりです。

ソードコードはこちらからダウンロードしてください。
PC6001VX_src_1.0.tar.gz
Windows用のバイナリはこちらになります。
PC6001VX_1.0_win.zip

【更新履歴】
1.0 2012/11/30
・P6V1.16ベースに更新
・新色にじみ方式(通称J方式)のにじみカラー出力を実装
・初回起動時にROMフォルダを指定できるようにした。
・二重起動防止にQtSingleApplicationを使用。ロックファイルを作らなくなった。
・スレッド処理にTLS(スレッド局所記憶)を使わないようにした。
・ステータスバー、モニタモード用の半角英数フォントを手作業でちまちま修正した。
 多少見やすくなったと思います。
・(Windows)ライブラリを可能な限りスタティックリンクにした。
・(Windows)ゆみたろさんのパッチを当ててSDLをビルド。今までサボってましたすみません。
・(非Windows)TAPE,DISKなどのフォルダのデフォルト設定を空白にした。
 明示的に設定しない場合、ホームフォルダから探しにいきます。

今後の予定ですが、チェッカーも作ったし、しばし雑誌掲載ゲームを何本か打ち込んで遊ぼうと思います。
それからは兼ねてからの懸案だったPC6001VXの大改造に入りたいと思います。
恐らく本家からはフォークして、親元から巣立つ事になるでしょう。挫折したらまた戻って来ますw
ラベル:エミュレータ C++
posted by eighttails at 22:39| Comment(0) | PC6001VX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: