2014年02月22日

N6XBasicChecker 1.5リリース

思ったより時間がかかってしまいましたが、
まさかのN6XBasicCheckerバージョンアップです。

今回、isio様作のtxt2basの機能を取り込みました。
http://retropc.net/isio/
人づてではありますが、ソースの使用許可をいただき、N6XBasicCheckerの機能として取り込むことが出来ました。(isioさん、morianさんありがとうございました)
これでプログラムリストをチェックしたあとダイレクトにテープイメージに出力するという一連の流れをコマンド1つで実行できます。

bas2txtはN6XBasicCheckerに取り込みようがなかったので、それならとtxt2bas,bas2txtともに単体バイナリを提供することにしました。
txt2bas,bas2txtもモード6のリスト入出力に不具合があるという報告を受けており、それらを修正したバージョンにっております。

ソースコードはこちらになります。
N6XBasicChecker_1.5_src.tar.gz
Windows版のバイナリはこちらです。
N6XBasicChecker_1.5_win.zip

さあプログラムを打ち込む作業に戻るんだ!
posted by eighttails at 01:41| Comment(3) | N6XBasicChecker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
N6XBasicCheckerをいつも重宝させてもらっています。

で、今回リリースのバージョンの、Windowns版に同梱されている bas2txt.exe が、ウイルスチェックで引っ掛かります。

うちの環境だけかも知れませんが...

Posted by えすび at 2014年02月23日 10:20
えすびさん
ウイルス対策ソフトは何をお使いでしょうか?またどんなメッセージが出ていますか?
bas2txtは今回一番修正が少ないツールなので、今までとはgccとランタイムのバージョンくらいしか違いがないのですが…。

Posted by eighttails at 2014年02月23日 12:25
Avira Free Antivirus です。

ウイルスチェックページで調べようと思っても、ウイルス対策ソフトのせいで、ファイルが選択できない状態になってしまいます。

https://www.virustotal.com/ja/

Posted by えすび at 2014年02月25日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。