2014年06月09日

PC-6001シリーズ実機修理記録・完結編(?)

開発用のノートPCを修理に出してしまい、しばらくコーディングができなくなるので、この間に停滞していたブログを更新しておこうと思います。
しばらく実機修理系の記事を書いていませんでしたが、あれからいくつか入手しています。
Twitterではつぶやいていますが、ブログにも記録として残しておきたいのと、一応国内で販売されたP6五機種についてはすべて揃ったので、ここで一度総括しておきたいと思います。

■PC-6601SR
小学生の頃私が使っていた機種で、思い入れはあるのですが、
・ミッドナイトマジックはもう一度遊びたいのでディスク付きに限る。でもジャンクですら高騰するのにディスク付きは尚更。
・いまや年代物、希少品となったFDのノウハウがなく、運用に自信がなかった。
という理由でヤフオクでも全力を出せずに二の足を踏んでいました。
何度目かのチャレンジでようやく落札できました。
20130927_193522.jpg
残念ながら付属ディスクはバックアップしかなかったのですが、この際妥協することにします。
それ以外は比較的状態も良く、修理なしで一発で起動しました。
付属FDDを吸い出そうとしましたが、手持ちのUSB-FDDではすい出せなかったため、泥縄でハードオフでFDDを調達しました。
吸出しにはNDittを使用しました。すでにXPより古い環境がないのでこれがなかったらと思うとぞっとします。
ユーティリティとビデオテロッパは無事エミュレータでも起動したのですが、ワープロはP6V,VX,VWいずれでも起動しませんでした。実機では起動しているのでエミュレータの問題なのか吸出しの問題なのか切り分けられていません。もしエミュレータでワープロを起動できているという方がいらっしゃいましたら情報をお寄せください。
20130927_224249.jpg

■PC-6601
正直、コロニーオデッセイが遊びたいというわけでもなかったのでヤフオクでも手を出さず最後まで残ったのが6601なのですが、Twitterで比較的近場のハードオフにて目撃情報があり、曲がりなりにもエミュレータを開発する者としては実機とROMは確保しておこうと思い購入しました。
とりあえずタンタルコンデンサの交換のみで起動しましたが、キーの反応が若干悪く、角度とか風の息遣いに気を配らせてタイプする必要がありました。
また、音が出ないというこれまで遭遇しなかった不具合がありました。
おそらくボリュームがいかれているということで、比較的良く見られる症状だとのことですが、私が扱った実機の中ではこれが初めてでした。
20140420_012343.jpg
そういえば、ドライブに謎のFDが突っ込まれた状態で売られていました。中身を見てみたら普通の2DDのディスクで、MIDファイルなどシーケンサのデモデータが入っていたようです。P6では読めませんでした。
20140421_223828.jpg

■総括
とりあえず、これまで入手してきた実機の修理実績をまとめておきます。
現在出回っている実機の歩留まりの参考にでもなればと思います。
販売者動作確認というのは売られていた場において販売者の側が動作していることを公表しているかどうかということです。SRの場合は画面表示が面倒なので、販売者側で確認ができなくても実は完動品ということが往々にしてあります。
機種名入手時期入手場所販売者動作確認コンデンサキーボードFDDその他
PC-6001mk22011/11頃ヤフオクなし交換全交換
PC-6001mk2SR2012/02頃ヤフオクなし交換不明動作せず
PC-6001mk2SR2012/03頃ヤフオクなしOKOK
PC-60012012/09頃ヤフオクなし交換OKPC-6082がなぜか2台付属
PC-6001mk22013/07頃ハードオフなしOKOK
PC-6601SR2013/12頃ヤフオクあり?OKOKOK
PC-66012014/04頃ハードオフなし交換一部反応悪未確認何故か音が出ず

20140420_015037.jpg
誰ですか2週目とか強くてニューゲーとか言ってるのは!?
ラベル:電子工作 PC-6001
posted by eighttails at 23:10| Comment(0) | PC-6001 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。