2014年06月21日

雑誌掲載作品レビュー(8)「FIRIA」

今回のお題はPiO1985年8月号掲載の「FIRIA」です。
内容はと言うと、非常に、ひじょーーにオーソドックスなシューティングです。
作者曰く、キャラクターの動きに凝ったとのことで、11種類の異なる動きの敵キャラが襲って来ます。
プレイ感覚としては、スターフォースの地上物なしバージョンといった感じです。
FIRIA.png
キャラの動きに対する作者のこだわりは非常に伝わってくるのですが、その分動きが重いため、爽快感が失われているのが惜しいところです。多少動きを粗くしてもスピーディな展開にしていたら良かったのではないかと思います。

ところで、この作品はソノシート収録なのですが、ソノシートはいきなりマシン語から始まっていて、ローダーが含まれてませんでした。
紙面掲載のリストもマシン語のみで、PiOモニタでロードすることを想定していたのだと思いますが、肝心のPiOモニタがその号に収録されておらず、この号から買い始めたような人は詰んでいたと思います。
幸いにして、2014年の世界ではインターネットでPiOモニタ形式のローダーがダウンロードできるのでそちらを使いました。ただしローダー冒頭のCLEAR文は削除する必要がありました。

動画をアップしましたので、こちらもお楽しみください。
posted by eighttails at 23:55| Comment(0) | 雑誌掲載作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。