2018年02月17日

雑誌掲載作品レビュー(18)「水道管PANIC」

今回のお題はPiO1985年9月号掲載「水道管PANIC」です。
このゲームは固定画面のアクションゲームで、水道管に住み着いた幽霊たちをウォーターボールで駆除するというものです。
Suidoukan1.png


ウォーターボールは一度発射すると、幽霊に当たるまで水道管内をぐるぐる回り続けます。プレーヤーは自分が撃ったウォーターボールには当たってもミスになります。
Suidoukan2.png
ウォーターボールはなぜか水道管内に落ちているフルーツを取らないと発射できないという設定になっています。
この制約のおかげで、ステージ前半はフルーツを撮るために逃げ回り、フルーツを取ったら一気に反撃するという、パックマンのようなカタルシスが得られるようになっています。
Suidoukan3.png
ゲームは主にマシン語で記述され、スピードが早く快適に遊ぶことができます。
非常に良くできたゲームです。
Suidoukan4.png
ちなみにこのゲーム、PC-6001初代機以外では画面が正しく表示されません。
Suidoukan5.png
PiO編集部のマシンはmk2以降のものを使っていると思われ、化けている画面写真が掲載されてしまっています。


動画をアップしておりますのでこちらもご覧ください。
ラベル:PC-6001 PIO
posted by eighttails at 14:35| Comment(0) | 雑誌掲載作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。