2019年07月07日

雑誌掲載作品レビュー(34)「TURNING ATTACK」

今回のお題はマイコンBASICマガジン1991年7月号掲載の「TURNING ATTACK」です。
ジャンルとしては全方向スクロールシューティングゲームです。
背景の星の立体的なスクロールは圧巻です。
TurningAttack01.png




自機は画面中心に固定され、左右キーで旋回します。カーソルキーの上で向いている方向に加速し、離すと減速します。
スペースキーで弾を発射し、ラウンド中の敵をすべて撃破するとクリアです。
TurningAttack02.pngTurningAttack03.pngTurningAttack04.png
レーダーがなく、敵はどの方角にいるかわかりませんので、自分から索敵に行ってしまうといつまでも敵が見つかりません。じっとしていると敵の方から向かってくるので待っているのが正解のようです。

敵は自分の方に向かってくるのでそれを迎撃するのですが、自機の旋回が遅いため加速で逃げながら方向転換をし、敵の背後を取るというのがこのゲームの本質であり醍醐味となります。
TurningAttack05.png
動画を撮りましたので、こちらもご覧下さい。


モード1でメモリの制約が厳しいためか、本作品もリストは3つに分割され、マシン語データの書き込みにかなりの時間を要します。また、回転するキャラクタのパターンは実行時に生成しており、この処理に数分を要します。今回も起動までにかかる時間が非常に長いです。
TurningAttack06.png
ちなみに、本作品のBGMもまんま「グラディウス2(MSXの方)」です。この速さのゲームを動かしながらBGMを流せる技術力はすごいし打ち込みの出来もよいのですが、ここまでできるのならオリジナルの曲を作ってほしかったなとは思います。

最後に、タイトル画面ではランダムに点を打って星を描画していますが、この描画はいつまで経っても終わらないので放置しているとこんな画面になります。
TurningAttack07.png



ラベル:ベーマガ PC-6001
posted by eighttails at 19:49| Comment(0) | 雑誌掲載作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。