2019年11月02日

PC6001VX 3.3.1リリース

PC6001VX 3.3.1のリリースです。

今回もAndroid向けの細かい修正です。

Androidのキーボード付属モデルや外付けのBluetoothキーボードは英語配列であることが多く、「@」や「^」など、そのままではP6に入力できない記号がありました。
Qt内部ではテキストとして「@」「^」として認識されているのですが、英語キーボードではこれらの記号の入力にSHIFTキーを併用するため、P6のエミュレーターレベルでは「SHIFT+@」として認識され、P6ではこのキーコンビネーションに文字が割り当てられていないため何も入力されないという現象が起こっていました。
今回英語キーボードでもこれらの記号が入力可能なように対応しましたが、内部的には「P6でSHIFTなしで入力できる記号がキーボードから入力された場合は一度SHIFTキーを離すイベントを挿入する」という方法で対処しています。
このため、SHIFTを押しっぱなしで長文を入力する際は実際と異なる挙動になる場合があります。ご了承ください。

また、Androidでマウスを使えるようにしました。
Androidではタッチパネルで操作するものと思い込んでいて、マウスを使ったテストは行っていなかったのですが、タッチパネルなしの環境でも使えるようマウス対応を行いました。
Androidでは右ボタン、中ボタンのイベントを拾うことができないようなので、Androidではメニューを出すボタンは左クリックに変更されています
また、ホイールによる速度調整も使えなくなります。

その他の修正としては、美咲フォントの更新により、互換BASICのモード5でトランプマークが正しく表示されるようになっています。

ダウンロードはこちらからお願いします。

【更新履歴】
3.3.1 2019/10/28
・英語キーボードの対応を改善
・Androidでのマウス操作を変更。左クリックでメニュー表示。
・PC-6601用の互換CGROMを更新。トランプマークが正しく表示されるようになった。
・Works better with English keyboard.
・Modified mouse operation on Android. LMB is assigned to popup menu.
・Updated compatible CGROM for PC-6601. Now characters for playng card suit are properly displayed.
posted by eighttails at 16:05| Comment(2) | PC6001VX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
eighttailsさん、マウス操作の対応ありがとうございました。PC-6001MK2SRでゲーム読み込みできました。
プラズマライン、トリトーン、リザード、Eggy、ちゃっくんぽっぷなどは、やはり名作ですね。

ご報告ですが、うちのAndroidのひとつ、TinkerboardにAndroidOSを入れたものでは画面回転センサーが対応(内蔵)しておらず、画面は横画面だけど内部設定で縦画面になっているのか、仮想キーボードがでっぱなしになります。メニューの「システム>仮想キーボード」のチェックを消してもキーボードはでたままです。
(すいません。別のAndroid TV-BOXは、現在、友人に貸していて手元にありません。)

メニューの「システム>仮想キーボード」のチェックを入れるとキーボードが隠れるという動作にしていただけるとありがたいです。(横画面でも仮想キーボードがあると便利な状況もあるかもですし。)
Posted by プロコグロッソ at 2019年11月03日 21:40
>プロコグロッソさん
お話のとおり、画面回転ができない環境もありうるということで、最終的に仮想キーボードの表示は従来どおり回転と連動しない(表示非表示はマニュアルで制御)ということにしました。
それとは別の問題として、今の最新版はAndroidでは画面回転周りにバグがありますね。
申し訳ありませんが修正にもう少しお時間をいただきます。
Posted by eighttails at 2019年11月03日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。