2015年11月08日

PC6001VX2.11リリース

PC6001VXのバージョン2.11リリースです。

今回はメンテナンスリリースです。唯一の新機能は「1つ前の途中保存からの再開」です。

ゲームのリプレイ記録中に失敗した場合、「途中保存から再開」出戻っても、途中保存の時点で詰んでしまって進めなくなることが時々あります。「途中保存」は5個まで過去の履歴を保存していますので、1つ前の途中保存からやり直すことができます。
これを実行した場合、最新の途中保存は失われます。

後はWindows版でビルドするための環境構築手順がすでに古く、そのまま実行してもビルドできないことが分かったので、環境構築スクリプトのメンテナンスをしています。

これ以外にもちょこちょこいろんな仕込みを入れているのですが、リリースできるのはいつになるやら、という感じです。

ダウンロードはこちらからお願いします。

【更新履歴】

■2.11 2015/11/11

  • リプレイに「1つ前の途中保存から再開」を追加
  • (Linux)WebMのオーディオにOpusを使うディストリビューションの場合クラッシュしてしまうので、強制的にVorbisを使うようにした。
  • (Windows)ビルド手順と環境構築スクリプトを修正。
    自前ビルドライブラリは/mingw32/localに集約。
    ビルド環境を作る場合は、一度MSYS2の再インストールから行ってください。

posted by eighttails at 20:41| Comment(1) | PC6001VX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

PC6001VX2.1リリース!

実に7ヶ月ぶりのP6VXリリースです。
今回の目玉は、ビデオキャプチャ機能の復活です。

P6Vには昔からビデオキャプチャ機能としてエミュレータの動きをAVI動画として保存する機能がありましたが、保存に使われる動画フォーマットやコーデックが古く、最近の環境では再生できないという問題がありました。
今回はFFmpeg/libavを利用し、WebM形式で保存します。
(MP4形式はライセンス面でリスクがあるため、対応を見送っています。)

WebMは世の中ではあまり使われていない形式ですが、YouTubeは正式に対応しています。
ニコニコ動画は正式対応をうたってはいませんが、実はアップロードには対応しています。

動画の記録中は動作速度が極端に落ちるため(作者の環境で1/10くらい)、ゲームをプレイしながら動画にするといった使い方は現時点では無理です。
あらかじめプレイをリプレイとして記録しておき、そのリプレイを再生しながら動画にするといった使い方を想定しています。(動画の記録中にリプレイが終了した場合、その時点で動画の記録も終了します。)
webmrecording.png
また、マシンの処理速度にかかわらず、出来上がった動画は60FPSになります。
動画に記録される画像はエミュレータの画像設定が反映されます。スキャンラインは切っておくのがおすすめです。4:3表示、フィルタリングはお好みで。

ソースコードはこちらになります。
PC6001VX_2.1_src.tar.gz
Windows版のバイナリはこちらです。
PC6001VX_2.1_win.zip

それでは、良いうp主ライフを!

【更新履歴】
■2.1 2015/08/29
(Windows)(Linux)ffmpeg/libavを利用したビデオキャプチャ機能を実装
posted by eighttails at 20:22| Comment(1) | PC6001VX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

PC6001VX2.01リリース

PC6001VX2.01をリリースします。
今回はバグフィックスのみです。
使っていてクラッシュする方はこちらをお試しください。

ソースコードはこちらになります。
PC6001VX_2.01_src.tar.gz
Windows版のバイナリはこちらです。
PC6001VX_2.01_win.zip
Android版のバイナリはこちらです。
PC6001VX_2.01_android.apk
OpenPandora版のバイナリはこちらです。
PC6001VX.pnd

【更新履歴】
■2.01 2015/1/10
・テープロード中にクラッシュすることがあるのを修正

posted by eighttails at 23:29| Comment(4) | PC6001VX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする