2019年10月10日

N6XBasicChecker 1.7.1リリース

N6XBasicCheckerのバージョン1.7.1リリースです。
今回は軽微なバグ修正です。
最近は雑誌掲載作品レビューでモード6の作品を扱うことが増えましたが、
モード6のリストに対しては、txt2basがまだ十分に枯れていない印象を受けます。

ダウンロードはこちらからお願いします。

【更新履歴】
N6XBasicChecker
ver. 1.7.1 2019/10/9
バグ修正
・KANJI文で色コードを省略した場合にエラーとなるのを修正
・txt2basのバグ(SGNの引数が正しく処理されない)修正を取り込み

txt2bas
2019.10.09
Ver0.9 公開
・モード6でSGN文の引数が常に文字列リテラルとして変換されていたのを修正



続きを読む
posted by eighttails at 11:59| Comment(0) | N6XBasicChecker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

N6XBasicChecker 1.7.0リリース

N6XBasicCheckerのバージョン1.7.0リリースです。
前回ユーザーの方からの要望で変数一覧出力機能を追加しましが、自分で使ってみると意外と便利で、出力を改善することにしました。
変数の代入と参照は構文解析機の中では区別されているのですが、変数一覧出力の際は出力を簡素にするため統合して出力するようにしていました。
自分で使ってみて、やはり代入と出力は別々になっていたほうがデバッグがしやすいということに気づきました。

ダウンロードはこちらからお願いします。

【更新履歴】
ver. 1.7.0 2019/1/16
機能追加
・変数一覧出力機能で変数の代入、参照している行を別々に出力するようにした。
posted by eighttails at 20:06| Comment(0) | N6XBasicChecker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

N6XBasicChecker 1.6.0リリース

N6XBasicCheckerがなんと4年半ぶりのバージョンアップです。
今回ユーザーの方からの要望で変数一覧出力機能を追加しました。
また長らく放置していたバグを1件修正しました。

ダウンロードはこちらからお願いします。

【更新履歴】
ver. 1.6.0 2018/11/23
機能追加
・変数一覧出力機能を追加
バグ修正
・「IFA=&H01ANDB=&H00」といったような16進数リテラルの後にANDが入ると
 「&H01A」までが16進数リテラルと判定されてその後の構文解析に失敗する不具合を修正。
・最近の開発環境(GCC7.2,Boost1.64以降)でコンパイルが通るように修正

posted by eighttails at 21:24| Comment(1) | N6XBasicChecker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする