2019年08月18日

雑誌掲載作品レビュー(37)「ESCAPEだ!」

今回のお題はマイコンBASICマガジン1991年4月号掲載の「ESCAPEだ!」です。
高速な3D処理が特徴の迷路脱出ゲームです。
ESCAPE01.png
本誌の解説中には言及がなく、またルールも若干違うのですが、同誌1990年2月号掲載のX68000用「ESCAPE」の実質的な移植版と思われます。(プログラム中でコサインテーブルを生成しているなどの類似点も見られます。)
ESCAPE_x68.jpg
(X68000版の掲載紙面より抜粋)

筆者は当時X68000版を遊んだ記憶があるのですが、いまリストを見返すとあまりにも長大なダンプリストのため、これを自分で打ち込んでいたかどうかは怪しいです。パソコン通信などで流通していたのかもしれません。
P6版は今回初めて入力します。





続きを読む
ラベル:ベーマガ PC-6001
posted by eighttails at 10:32| Comment(0) | 雑誌掲載作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

雑誌掲載作品レビュー(36)「STREET P6 FIGHTER」&「STREET P6 FIGHTER II」

今回のお題はマイコンBASICマガジン1990年4月号掲載の「STREET P6 FIGHTER」および同1992年12月号掲載の「STREET P6 FIGHTER II」です。
名前から分かるとおり、カプコンの「STREET FIGHTER」の影響を受けた1対1の格闘ゲームです。
91年のストIIブーム後は同人、パソコン通信などで多数のストIIもどきが制作されましたが、「STREET P6 FIGHTER」の方は90年掲載なのでそれより前の第1作がベースになっています。
SP6F_01.pngSP6F2_01.png






続きを読む
posted by eighttails at 13:12| Comment(0) | 雑誌掲載作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

チェックサム検証ツール「Checksums」リリース

Program List OCRはマシン語のダンプリストの読み取りに対応していますが、OCRを使った場合はチェックサムも一緒に読み取られるため、チェックサムの検証器を作れば誤認識箇所の検出、訂正がスピーディーに行えるようになります。
今までその目的で自分用に使っていたツールを公開します。

PiOやPCマガジンなど、P6用の主要なダンプリスト掲載誌のフォーマットはカバーしていますが、ダンプリストは掲載誌によって(場合によってはプログラムの作者ごとに)計算方法や印刷の書式が異なるため、その都度チェックサムプログラムを修正して運用することを前提にしています。そのため利用するためにはPythonの環境やある程度の知識が必要になります。

こちらからチェックアウトしてご利用ください。




続きを読む
posted by eighttails at 15:14| Comment(0) | Program List OCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする